「魅力的な教員」って何?→ 詳しくはこちら

【解決】文句の出ない席替えの方法 ~公平あみだくじ方式~

うさ美

席替えってどうやればいいの?

今回はこんな疑問に答えていきます。

席替えをどんな方法で行うか、頭を悩ませることのひとつですよね。

かつては僕も、完全にくじ引きでやっていました。

はんめん

だって公平じゃないですか?

でも、どうしても当たりはずれが出てしまうんですよね。

おしゃべりグループが近くなってしまったときなんか、もう授業が成り立たないくらいうるさくなってしまいました。

かといってすべて教員が決めるのも、公平感を書いて不満が出やすいと考えています。

小中学校で10年間勤務した僕は、現在「公平あみだくじ方式」を使い、学級経営がうまくいっています。

今回の記事では、この「公平あみだくじ方式」を紹介します。

先に結論を書いておきます。

結論

・公平あみだくじ方式の最大のメリットは、教員の意図を入れつつ公平感を演出できること

・公平あみだくじ方式なら人間関係の調整も簡単にできる

「席替えってどうやったらいいの」「席替えで文句を出させたくない」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

目次

公平あみだくじ方式のやり方

準備

あらかじめ、それぞれの席の番号を決めてそれを公表しておきます。

左から1、2…というように、順番になっていた方がわかりやすいでしょう。

まず、紙にクラスの人数分(僕は男女で分けて行うので、男女それぞれの人数分)の線を引きます。

紙はどんなものでも良いです。

次に、それぞれの線の下に数字を書きます。

これは順番でなくてもかまいません。

むしろ順番でない方が良いと思います。理由は後述します。

そして、番号を隠します。

僕は紙を端から何回か折り返してセロテープでとめ、番号が透けて見えないようにしています。

これで準備は完了です。

進め方

その状態の紙を回していきます。

ここから子どもたちが自分の名前を書いていきます。

ルールは一つだけです。

「横線を三本まで引いてよい」というものです。

引かなくても良いし、3本までであれば引いても良いです。

すべての子が名前を記入し終わるころには、全員の意志によって作られたあみだくじが完成しているはずです。

「全員の意志によって」という点が重要で、このあみだくじは運命を自分で変えることができるのです。

少なくとも、参加者にそう思わせることができます。

いくら新しい席に不満があろうとも「線を別のところにひいていれば、違った結果になった」と思わせることができるのです。

これだけも十分ですが、公平感を演出するために、僕はあみだくじを公表しています。

後から教員が数字を書き込んでいると思われないよう、数字をボールペンで書いて遠くから確認もさせています。

子どもたちに対して「公平に席替えが行われた」と感じさせることが、不満を出さないコツです。

配慮の方法

目の悪い子を前にする必要があるときには、あみだくじを回す前に最前列のどこかを選ばせます。

先ほどのあみだくじを例にすると、目の悪い子が「れい」、彼の選んだ最前列の席の番号が「2」だとしましょう。

本来であれば「れい」は3の席になります。

けれども今回は2の席であることが事前に確定していますので、あみだくじの結果2の席になった「ちはる」と交代します。

あみだくじ本来の結果では「れい」が3、「ちはる」が2でしたが、事前の取り決めによって「れい」が2、「ちはる」が3となるのです。

このように目の悪い子への配慮も行うことができます。

人間関係の調整

年度当初、保護者によっては「○○さんと席を離してほしい」と依頼をされることがあります。

また、学級での様子を見ていて「○○さんと△△さんは近くにいない方がいい」と教員自身が感じることもあるでしょう。

そんなとき「公平あみだくじ」なら公平感を演出しつつ、調整することが可能です。

新しい席を見渡してみて、違和感があれば修正しておきましょう。

今後起きるであろう問題を回避することができます。

公平あみだくじ方式のメリット

メリット

① 教員の意図を入れられる

② 公平感を演出することができる

③ 子どもたちが自分で決めていると感じさせられる

順に見ていきましょう。

① 教員の意図を入れられる

視力や聴力などの配慮が必要な子を確実に配置できたり、人間関係を調整することができたりします。

このように教員の意図を入れられることで、学級経営が安定しやすくなります。

② 公平感を演出することができる

教員の意図を入れつつも、公平感を演出できるところが最大のメリットです。

教員が仕組んでいるにも関わらず、子どもたちは「自分たちで決めた」と感じます。

理由はいくつかあります。

  • 自分で名前を書く場所を決めた
  • 自分で線を入れるかどうかを決めた
  • 自分で線を入れる本数を決めた
  • あみだくじが後に公開される

これらの理由から、公平感を演出することができます。

時には子どもにとって理不尽な席(3回連続で同じ席になるなど)になることもあります。

はんめん

先生が仕組んでたら、そんなことするはずないでしょ?

と言うことで、子どもたちを納得させることができます。

公平あみだくじ方式のデメリット

デメリット

① 準備が面倒

② ルールを浸透させる時間が必要

順に見ていきましょう。

① 準備が面倒

まず、紙にあみだくじを作るのが面倒です。

僕はExcelを使って表をつくり、印刷すればOK、というようにして解決しました。

② ルールを浸透させる時間が必要

子どもたちにルールを浸透させるための時間がかかります。

何度かやっていくうちになれていきますが、3回目くらいまではトラブルが続出します。

まとめ:公平あみだくじ方式でストレスフリーな席替えを実現!

結論

・公平あみだくじ方式の最大のメリットは、教員の意図を入れつつ公平感を演出できること

・公平あみだくじ方式なら人間関係の調整も簡単にできる

公平あみだくじ方式は、子どもたちが席順を作ります。

ですからどんな席にしようか頭を悩ませる必要がありません。

教員はあみだくじを見て、人間関係をチェックするだけ。

しかも子どもたちは自分で決められるので、満足度も高くなります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

良い教員ライフを!

「魅力的な教員」になるためには?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子どもたちの成長を間近で見ることができる、教員の仕事ってとっても魅力的!でも労働環境が良くないのもまた事実。解決方法を模索しながら奔走する毎日を過ごしています。公立小中学校で勤務して11年目です。
教育大学卒。専門は社会科(政治学)。ネコ派。二児の父。

コメント

コメントする

目次
閉じる