黄金の3日間に教師がすべきこと ~ルールの確立~

黄金の3日間

はんめん
はんめん

いよいよ新学期がスタート!

どんな先生との出会いがあるか、どんな子どもたちとの出会いがあるか…ドキドキしつつもワクワクです!

はんめん
はんめん

教育のニュースと言えばいじめだったり学級崩壊だったり、暗いものが多いのが現状です。そんなクラスにしないためにも、「黄金の3日間」はとってもとっても重要です!

黄金の3日間って?

はんめん
はんめん

新学期が始まってからの、3日間のことです!の3日間は、1年の間で最も「子どもが教師の話を真剣に聞く期間」と言われることもあるほど、学級経営にとって重要な期間なのです!

4月から始まる新学期。その最初の3日間は、通称”黄金の3日間”と呼ばれます。

クラスのほぼ全員が「今年はがんばろう!」と思っているものです。もちろん程度に差はありますけれどね。ですから、クラスのルールを確立させるためには、この3日間の使い方が重要だ、といわれます。

そこで、教師が行うことは・・・

①ルールを考える

給食のルールは?

おかわりはどうする?

清掃の区域わけは?

宿題はどうやって集める?

朝の会の進め方は?

係り決めはどうするか?

授業中の発言はどのように行うか?

などなど。そもそものルールがないと、周知も何もありませんからね。

なお、小学校の低学年などは教師がルールを決めればよいですが、小学校高学年~中学生では、教師が提案→話し合って微調整、という流れにすると、「先生が勝手に決めたるルールなんて知らんよ」となることを防ぐことができます。

教室の中にも民主主義を持ち込むことは、主権者教育の観点からも重要だと思います。

この3日間で、「このクラスでは意見を言っていいし、みんながそれを受け止めてくれる」と感じる子どもを増やしていけたら、学級経営はスムーズになっていきます。お互いを認め合う雰囲気を醸成していきたいものです。

②ルールを徹底する

”黄金の3日間”は、ほとんど全ての子どもたちがこちらを向いている期間です。

昨年度にどんな問題を起こした子どもも、自分自身に失望している子どもも、「今年度こそはがんばろう」という気持ちをもっている…と思います。

だからこそこの期間に、クラスのルールとして決めたことを、教師がどれだけ守らせることができるのか、が1年間のクラス運営を決定付けます。

ですから、この3日間は子どもたちとの勝負の期間でもあります。子どもたちは、「この先生はどこまでなら許してくれるのか」という見極めを常に行ってくる存在です。

「去年は○○だったのに」とか「前には先生は○○って言いましたよ」といった言葉が生徒から出始めたら、毅然と対応しましょう。「去年は去年!」「じゃあ紙に書いておこうか」など、冷静かつきちんと対応していけば、問題ありません。

「えっ、じゃあ○○にしようか」と優柔不断になったり「そんなこと言ってない!」と感情的になったりすることは、子どもたちに付け入る隙を与えることになります。

隙を見せると、あっという間にルールは崩壊します。クラスの子どもたちに対し、公平感を演出しながら接することが大切です。

③ルールを守らせる

ルールを徹底させようとすると、その隙間を突く子が出てくるものです。

その子への対応を、クラスの他の子どもたちはつぶさに見ています。対応が甘いと「さっき○○くんには良いって言ってたのに!」と反発を食らうきっかけを与えてしまいます。先ほども述べたように、あくまでも毅然と対応することが重要です。

教師の言葉だけでなく、問題に対応する姿や立ち居振る舞いも、子どもたちはよく観察しています

「この先生は、問題が起きたときにもきちんと対応するんだ」と思わせることは、ルールの確立にとって有益であるだけでなく、子どもたちに安心感をもたらします。

「僕・私が困ったときも、きちんと対応してくれる」と子どもたちが感じるようになるからです。安心感は、多少の問題では崩れないクラスを作るために必要なものです。

教師の仕事は無限にあるため、考えだすときりがないのです。重要なエッセンスに絞り込んでいくと、このくらいでも十分だと思います。

黄金の3日間”は子どもが教師の方向を向いているだけに、やりやすい期間であると同時に、今後のクラス運営を左右する期間でもあります。ルールを確立させるためにも、問題にはきちんと対応することが大切だと思います。

コメント

  1. […] 以前の記事でも触れましたが、子どもたちは基本的に「今年こそ○○したい」と思っています。新年度の初めから腐っている子どもは、そう多くはありません。いることを否定はしませ […]

タイトルとURLをコピーしました