面白い授業をしたい! ~教材研究のやり方~

授業作り
うさ美
うさ美

研究授業の反省会で、「力のある教材だったね」と言われたんですけど…「力のある教材」って何ですか?

はんめん
はんめん

「子どもたちの興味を引き付け、のめりこませる教材」というような意味でつかわれることが多いように思います。面白い授業ができる教材、というような意味合いですね。

うさ美
うさ美

わかったようなわからないような…。面白い授業をするためには、やっぱり「力のある教材」が必要なんですか?

はんめん
はんめん

面白い授業がすべて「力のある教材」で行われているかといえば、それはNOです。ですが、「力のある教材」を使うことができれば、面白い授業になりやすくはなります。子どもたちが主体的に学習を始める感じですね。「主体的・対話的で深い学び」にも近づく方法のひとつでしょう。

うさ美
うさ美

ふむふむ、じゃあどうしたら、「力のある教材」をつくることができるんですか?

はんめん
はんめん

では今回は、教材研究についてお話していきましょう。

はじめに

どんな授業にしようかな、といった構想や計画、そして教材そのものを深く知ること。それらをひっくるめて、ここでは教材研究と呼ぶことにします。

「力のある教材」はたまたまできることもありますし、教科書に載っていることもあります。ですが、どうやったらただの教材を「力のある教材」に変えることができるのか、こればかりは何度もやってみるほかありません。逆に言えば、やるほどにうまくなるのが教材研究でもあります。

教材研究とは

ニンジンを想像してください。普通のニンジンです。畑から今とってきたばかりの、土のついたニンジンです。

さて、そのニンジンを、人が食べられるようにするには、どうしたらいいでしょうか?それもただ単に食べられれば良いのではなく、おいしい料理にするためには?

まずは土を洗い落とし、皮をむき、食べやすい大きさに切りそろえ、火を通して、他の食材と一緒に調理をして…というように、いくつもの作業が必要になります。教材研究もこれと同じです。

何の加工もしない、生のままの社会的事象を持ち出したところで、子どもたちにとっては何も面白くはありません。その社会的事象をどのように加工するのか、そして面白さを引き出していくのか。それこそが教材研究です。

Q:どうしたら「力のある教材」になるのか?

A:教師が面白さを感じるまで、教材を深く研究しましょう。

これに尽きます。教師が面白さを感じながら行っている授業では、子どもたちもそう感じているものです。教師が面白くないと思っていることに、子どもたちが興味や関心を引き付けられるのかというと…そんなことはありませんよね。

そして極論すれば、どんな教材も「力のある教材」にすることができます。

深く研究するほどに、教材について調べれば調べるほどに、「学問の面白さ」と感じるようになってきます。なぜこうなんだろう、どうしてなんだろう、という面白さです。そしてそこまで教師が到達すれば、子どもたちにも同じ面白さを味わわせてあげればよいのです。そうすればその教材は、「力のある教材」となります。

とはいえ、手っ取り早く面白くしたい

諸事情により、そういう方もいることでしょう。手っ取り早く研究するとしたら、教師が「え?」と思うポイントを掘り下げていくと良いです。例えば…

・なぜ消費税を上げたのか?

・どうして徳川家光は参勤交代を定めたのか?

・なぜ寒い北海道で米作りがさかんなのか?

などなど、「そんなこと当たり前」と思っていることでも、「なぜ?」と問われると、「え?」となることがよくあります。その「え?」を、掘り下げて研究していくのです。すると、「そうなのか!」という答えが見つかっていきます。そこが面白さです。あとは教師が発見した面白さを子どもたちに伝えていけば…面白い授業ができていくでしょう。

まとめ

まとめ

・ニンジンをおいしく調理しよう

・どんな社会的事象も、やり方次第で「力のある教材」になる

・自分の疑問を解消していくことが、教材研究の入り口

いかがでしたか?学校再開が見え始めてしまっている今。教材研究ができる時間は徐々に残り少なくなってきています。授業にかける時間が限られているからこそ、子どもたちにとって面白い授業の準備をしておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました