「魅力的な教員」って何?→ 詳しくはこちら

【漫画に学ぶ教育技術シリーズ】己の弱さを見極めろ!

はんめん
はんめん

荒木飛呂彦著「ジョジョの奇妙な冒険」より!

ジョジョの奇妙な冒険第3部にて、ジョセフ・ジョースターを追い詰めた”史上最弱のスタンド”、ラバーズ。マッチ一本も動かせないようなパワーしか出せないスタンドですが、どうしてどうして、主人公たちを追い詰めていきます。そしてこう話すのです。

すべてはッ おのれの弱さを認めた時に始まる

教育活動においては、さまざまな教師がいます。生徒指導が得意だったり、学習指導が得意だったり、生徒の話を聞くことが得意だったり、部活指導が得意だったり…。そしてそれは、そっくりそのまま「苦手」である教師もいます。生徒指導が苦手だったり…という具合に。

日本の教育はどちらかというと、「長所をさらに伸ばす」よりも「短所をいかになくすか」に重きをおきます。それは「出る杭は打たれる」ということわざが示すように、突出を嫌い和を重んじる国民性がかかわっているのでしょう。

けれども、すべてが得意な人間はいません。苦手なところ、弱いところが当然あるものです。そしてその弱さを自分自身で認めたとき、人間的な成長があるのでしょう。

「あきらめる」の語源は、「明らかに見る」であるとも言います。自分自身の長所と短所を見極めて、おのれの弱さを認めることで、つまりはあきらめることによって、視界が開けていくようにも思います。

「魅力的な教員」になるためには?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子どもたちの成長を間近で見ることができる、教員の仕事ってとっても魅力的!でも労働環境が良くないのもまた事実。解決方法を模索しながら奔走する毎日を過ごしています。公立小中学校で勤務して11年目です。
教育大学卒。専門は社会科(政治学)。ネコ派。二児の父。

コメント

コメントする

目次
閉じる