法律

ありのままの教員生活

部活動顧問は拒否することができる! ~法を学び、不当な命令に反論しよう~

「部活動の顧問をやりたくないな、でも…」と思っている先生に向けて。教育現場では「子どもたちのため」という錦の旗のもとに、教員の人権侵害が随所に見られます。部活動顧問の命令もその一つです。法は弱者のためのものです。きちんと学び、管理職と交渉してみてください。教員が人間として働くことが、結果として子どもたちにとってプラスになることでしょう。
ありのままの教員生活

部活動が教員の仕事ではなくなる? ~「教諭等の標準的な職務の明確化に係る学校管理規則参考例等の送付」について~

部活動が学校から切り離されていく流れとはいえ、部活動に対し熱心な教員がいることもまた事実。そしてその教員によって、やりたくなくても部活動を渋々やっている教員や児童生徒がいることもまた、事実です。教員の長時間労働は職業全体の共通の課題です。この課題を解決するためには、部活動の在り方を変えていかなくてはなりません。そのために教員は絶えず学び、現場で声を上げていく必要があるのではないでしょうか。
法律

君が代斉唱で立たないのは教師の自由か?

はんめん 先日、同僚と議論になりました。 どちらが正しい、とも言えないのではないか?とも思うのですが、ちょっともやっとしています。 はんめん 公教育に携わるものとして教壇に立つ以上、教師の思想や哲学はなるべく抑えて発言したほ...
タイトルとURLをコピーしました