社会問題

ありのままの教員生活

教員の仕事 ~これも仕事、あれも仕事~

改めて整理すると、こんなに仕事があるんだ、という印象でした。これから教員になろうとしている方の参考にでもなれば幸いです。
ありのままの教員生活

教師の夏休み ~休みはどれくらい?~

夏休みくらい、普段の激務から離れ、身も心も癒したいものです。けれどもぼーっとしているとすぐに仕事で予定が埋まってしまうので、積極的に休みを取るよう、心がけましょう!
ありのままの教員生活

定時退校は不可能なのか ~時間外労働を削減せよ~

「全ての仕事を勤務時間内に終えるのは、不可能」という視点に立って、それでも「時間外勤務を削減し、定時に帰られるようにしよう」という提案が、本記事の趣旨となります。
教育

5月15日の文科省ガイドラインを徹底解説! ~結局のところ、丸投げなんじゃないんですか?~

よく言えば「現場ごとに柔軟に判断して、工夫してほしい。協力は惜しまない!」という内容です。ですが悪く言えば「現場に丸投げ、応援はするよ」という内容。もちろんコロナ対策もしますし、学びを保障もしますが…人も物資も時間も足りないのが正直なところです。この状況での再開は、無謀な気がします。
仕事効率化

手の抜き方 ~大人のための仕事効率化~

教員の仕事には終わりがなく、やろうと思えば24時間をすべてつぎ込んでも、時間が足りません。だからこそどこかで線を引かなければならないのですが、100%の仕事を目指しているとプライベートの時間が削られ、悲惨な生活になってしまいます。
コロナ

学校再開・その先にあるもの ~格差の拡大と分断の発生~

学校を再開する判断が良い結果につながろうとも、あるいはそうではなくても、行きつく先は日本社会の分断なのではないか、と僕は思っています。この国では欧米諸国に見られるような有色人種と白人の、あるいは住民と移民や難民との分断は、ほとんど見られないと思っています。ですが今回の学校を再開する判断を巡って、大きな分断が発生してしまうのではないかと強く懸念しています。
コロナ

コロナと食料危機 ~日本の食料自給率から考える~

この先、何が起きるかわかりません。コロナだけでなく、それに端を発した戦争も十分に起きる可能性があると思っていますし、自然災害も重なるかもしれません。いまだにマスクすら満足に供給させることのできない政府をあてにするよりは、自分自身でできる対策をすることが、結局はこの国を守っていくことにつながるのではないか、と思います。
コロナ

休校延長!…課題はどうする?  ~アフターコロナを見据えて~

はんめん 僕の勤務している自治体も、5月末までの休校延長を決定しました。 まあ、全国的に感染が収まっていないからねえ。 はんめん かと思えば鳥取や岩手はほとんど通常通りであったり。格差が出ますねえ、格差が。 文...
コロナ

アフターコロナ2 ~経済は、社会主義になるんじゃない?~

※僕は経済学者ではありません。あくまでも素人の予想です。 はんめん どうなっちゃうんでしょう、この世界は。確実に言えるのは、産業革命後の世界が、産業革命前の世界に戻ることができないように、今回のコロナ禍(いずれコロナ革命と呼ばれると...
コロナ

アフターコロナ1 ~コロナ革命前夜、教師として今できることとは?~

はんめん コロナの拡大が止まりません。このままでは… このままでは? はんめん 社会の仕組みそのものが、変わってしまうでしょう。 社会の仕組みが変わる?どういうこと? はんめん 歴史上、社会の仕組みが根...
タイトルとURLをコピーしました